ニュース 日系機関・企業・社会

ヨシムラ・フードHD、シンガポールの業務用厨房機器メーカーを子会社化

更新日:

ヨシムラ・フード・ホールディングスは11月13日開いた取締役会で、海外事業を統括する子会社YOSHIMURA FOOD HOLDINGS ASIA PTE. LTD.(YFHA社)がシンガポール及びマレーシアで業務用厨房機器の製造、輸入販売及びメンテナンスを行うNKR CONTINENTAL PTE. LTD.(NKR CONTINENTAL社)の発行済株式70%を取得し、子会社化することを決議した。13日発表した。

株式譲渡実行日は2020年1月15日(水)を予定する。取得価額は20億3,600万円。

NKR CONTINENTAL社及びその子会社は、主に欧米や日本のメーカーから仕入れた業務用厨房機器や、自社工場で製造した業務用厨房機器を、主にシンガポールやマレーシアの高級ホテル、病院、ファーストフードチェーン、レストラン等に対し、設計、販売、施工しており、安定的に成長している。

YFHA社はグループ各社とNKR CONTINENTAL社との間で、販路の共有などシナジー効果が見込まれることから、株式の70%を取得することにしたという。資金調達は、手元現金及び銀行からの借入れによりまかなう予定。現経営者が残りの30%を継続保有する。

業績に与える影響は精査中としている。

※関連記事
ヨシムラ・フードHD、シンガポール子会社等の組織を再編
国際協力銀行、ヨシムラ・フードHDのシンガポール食品企業買収を支援
ヨシムラ・フードHD、シンガポールにアジア地域統括会社設立
ヨシムラ・フードHD、シンガポールの水産品加工メーカーを子会社化

-ニュース, 日系機関・企業・社会

Copyright© シンガポール新聞社 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.