媒体案内

媒体概要

【 媒体名 】シンガポール新聞 (英語名:The Singapore Shimbun)

【新聞許可証番号】MCI(P)049/05/2021

【 発行人 】竹沢 総司/TAKEZAWA SOSHI
◇Foreign Correspondents Association of Singapore(シンガポール外国特派員協会、FCA)正会員

【 創刊 】2019(令和元)年7月

【編集方針】「新しい新聞」「目が離せない」「実質的かつ役に立つ」

【発行形態】B5判マガジン/年4回(4・7・10・1月)発行/カラー印刷

【ページ数】約50〜60ページ/横書き

【 言語 】日本語

【発行部数】1,100部

【読者層(一部を記載)】
◇業種: 商社・建設・資源・エネルギー・金融・保険・化学・製造・エンジニアリング・物流・通信・IT・不動産・オフィス機器・人材サービス・法律事務所・会計事務所・シンクタンク・コンサルティング・ファンド・新聞社・広告代理店・旅行代理店・大学・医療・学習塾・小売り・飲食店・行政機関・個人・ほか

◇分布: シンガポール・日本・マレーシア・タイ・インドネシア・ほか

年間購読のご案内

【主な誌面構成と特色】
シンガポール関係者必読の情報源
◇巻頭特集 シンガポールの前線:プロジェクトなどからシンガポールの方向性を洞察し、関連産業の動向を取材
◇記者の見方:重要トピックについて新聞記者の見方を紹介
◇寄稿:駐在員・出張者がその職業的視点から「シンガポールの今」を詳説
◇企画座談会:機運が高まりつつあるテーマを多角的に掘り下げ、可能性を探るとともに、落とし穴を共有
◇この人に聞く:注目の経営者、キーパーソンをインタビュー
◇企業レポート:静かに契約受注、売上拡大、経費節減を実現している企業に着目
◇ビジネス豆知識:シンガポール理解が深まるビジネスコラム
◇M&A・提携・拠点開設・撤退 動向:投資の観点から日系企業のシンガポール及びジョホール・バルでの動きを追いかけ網羅

【年間購読】
1年間の発行回数は4回です。連続4冊が年間契約期間となります。

【年間購読料金及び郵送・配達料(1部)】
◇年間購読料金 200シンガポールドル(SGD)
◇年間郵送・配達料 シンガポール国内=なし、マレーシア=40 SGD、日本=60 SGD
※GSTなし
※その他の国・地域の郵送・配達料についてはフォームよりお問合せください
※お振込み手数料はご負担をお願いいたします。
※日本円でのお支払いにも対応しております(1SGD=80円で換算)

誌面広告のご案内

【期待できる効果】
◇シンガポール、マレーシア、日本などのシンガポール関係者に絞って発信。
◇広告数は極少数で、埋没せずに確実に読者の目に留まる。
◇「シンガポール新聞」は保存される傾向があり、誌面広告は注目が持続。

ニュースサイトおよびバナー広告のご案内

シンガポール新聞社のホームページは、2019 年3月の開設以来、シンガポールの日本語ニュースサイトとして、アクセス数を伸ばし続けてきました。シンガポール関係者に向けて、『シンガポールに根ざした企業であることを発信したい』、『商品やサービスをプロモーションしたい』、『イベントやセミナーを短期間で広く告知したい』などのケースでは、その威力を発揮し、効果的なアピールが可能です。
 

【バナー広告位置】

(注)②は順番は選べません。

更新日:

Copyright© シンガポール新聞社 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.