物流・ハブ

日立物流、23年4月の商号変更でシンガポール法人はLOGISTEED Asia社に

投稿日:

日立物流は2022年10月27日開いた取締役会で、商号を2023年4月1日付でロジスティードに変更することを決議した。

シンガポール法人HITACHI TRANSPORT SYSTEM ASIA PTE.LTD.も2023年4月1日付で、LOGISTEED Asia Pte.Ltdに変更となる。

新商号の「LOGISTEED」は、LOGISTICSと、Exceed、Proceed、Succeed、Speedを融合した言葉という。

商号変更は、HTSK(代表取締役 スティーブン・コディスポティ)による日立物流株式に対する公開買付けが成立することと、その後の株主総会で定款変更(商号の変更)が承認されるなど一連の手続きを経ることを条件とする。

10月27日現在、日立物流の筆頭株主は39.91%を保有する日立製作所だが、取引実施後は日立製作所の保有割合は10%に下がる。

◇HITACHI TRANSPORT SYSTEM ASIA PTE.LTD.
【  所在地  】No.8 Changi South Street 3 Singapore 486399
【  新商号  】LOGISTEED Asia Pte.Ltd
【商号変更予定日】2023年4月1日

-物流・ハブ

Copyright© シンガポール新聞社 , 2023 All Rights Reserved Powered by STINGER.