スマートシティ・通信

東京海上シンガポール、Tengah地区スマートシティ計画でSPグループと提携

投稿日:

東京海上ホールディングスのシンガポール現地法人Tokio Marine Life Insurance Singapore Ltd.(CEO Christopher Teo)は、シンガポール西部Tengah地区に新たに建設が予定されているスマートシティに関して、同計画を主導する電気・水道・ガス供給事業のSPグループとライフスタイル・ウェルネス領域の独占的な業務提携契約を締結した。2021年12月27日発表した。

スマートシティの実現には、ヘルスケア、モビリティなど幅広い分野で先進的サービスの開発が必要で、合せて保険など様々なソリューションも必要になる。

Tokio Marine Life Insurance Singapore社は、スマートシティの住民および事業者に対する財物保険の提供からスタートし、今後スマートシティや管理アプリの実現に合わせてよりパーソナライズされた保険商品・サービスの開発・展開を検討するとしている。

同スマートシティは2023年9月に入居を開始し、最終的には約4万世帯、10万人以上が居住する予定。

◇SP Group
【本社所在地】2 Kallang Sector, Singapore 349277
【 代表 】Mr. Stanley Huang
【事業内容】電力・ガス送配事業
【 設立年 】1994年

-スマートシティ・通信

Copyright© シンガポール新聞社 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.