ニュース 日系機関・企業・社会

双日・ENEOS、豪・太陽光発電所着工、シンガポール企業から事業会社買収

投稿日:

双日とENEOSは、豪州に204MW(メガワット)のエデンヴェール太陽光発電所の建設を開始した。両社にとって豪州での初の太陽光発電所案件で、豪州で日本企業が手がける太陽光発電所案件としては最大規模という。2021年6月10日発表した。

両社が50%ずつ出資する合弁持株会社・豪Sapphire Energy Pty Ltdを通じ、再生可能エネルギー開発事業を展開するシンガポールのDPI Solar 3 Pte Ltdから同案件の事業会社・豪Edenvale Solar Park Pty Ltd株式100%を買収、各種契約を締結した。

フランスNatixisと16年間のプロジェクトファイナンス契約を締結し、スペイン大手建設企業Grupo Gransolar S.L.の豪子会社Gransolar Construction Australia Pty LtdとEPC(設計・調達・建設)契約を締結した。運転開始は2022年度後半を見込む。

太陽光発電所完成予想図と建設予定地

双日とENEOS、DPI社は2019年から同事業の開発を進めていた。

計画では、発電する再生可能エネルギー電力のうち70%は現地の電力小売会社に安定的に販売し、残る30%のうち一部を双日が豪州内で保有・運営するグレゴリー・クライナム炭鉱に供給する。

豪州は世界有数の資源大国として、長らく石炭火力発電に依存してきたが、近年は環境負荷への配慮から、再生可能エネルギーへの転換が進んでいるという。

双日は、良好な日射量や広大な国土とともにCorporate PPA(Power Purchase Agreement、企業や自治体などの法人が発電事業者から電力を購入する長期買電契約)の締結により競争力ある再生可能エネルギーの安定確保を目指す企業が増加しているとして豪州を成長性の高い市場と捉えている。

◇エデンヴェール太陽光発電所
【所在地】豪州クイーンズランド州ウェスタンダウンズ地区
【プロジェクト内容】太陽光発電プラントの建設・運営、電力の販売(設備容量:204MW)
【敷地面積】約428ヘクタール(約4.3km²)
【株主構成】双日50%/ENEOS Australia Pty Ltd(ENEOS100%子会社)50%

◇DPI Solar 3 Pte Ltd
【設立時期】2017年4月5日
【本社所在地】33 Lloyd Rd, Botanic on Lloyd, Singapore 239106
【代表者】金當 一臣
【事業内容】再生可能エネルギー事業開発

-ニュース, 日系機関・企業・社会

Copyright© シンガポール新聞社 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.