ニュース 日系機関・企業・社会

東洋製罐G、シンガポールのエビ・甲殻類の細胞培養開発Shiok Meats社に出資

投稿日:

東洋製罐グループは、エビ・甲殻類の細胞培養開発に取り組むシンガポールのスタートアップ企業Shiok Meats Pte Ltd(シオック・ミーツ社)に出資した。10月8日発表した。

Shiok Meatsは2018年8月創業。「エビ・甲殻類から幹細胞を分離する独自技術を持ち、クリーンなエビ・甲殻類の細胞培養製造によって、アジア地域が抱える食糧・タンパク質危機などの課題解決を目指している」という。

Shiok Meatsの今回の資金調達はシリーズAで、調達総額は1,260万米ドル(約13億3,400万円)。オランダの投資ファンドAqua Sparkがリードし、東洋製罐グループのほか、Enterprise Singapore(シンガポール企業庁)の投資部門SEEDS Capital、リアルテックホールディングス(本社:東京)などが参画した。

Shiok Meatsは2022年に培養エビのミンチ肉の商業販売を目指しており、今回調達した資金は、シンガポールに建設を予定する世界初となる商用規模の細胞培養パイロットプラントの建設、運営資金に充てる予定という。

※関連記事「インテグリカルチャー、シンガポールShiok Meats社とエビ細胞培養肉研究開始

-ニュース, 日系機関・企業・社会

Copyright© シンガポール新聞社 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.