進出・出資・撤退

ワンダープラネット、BCゲーム関連事業展開でシンガポール子会社設立を決定

投稿日:

エンターテインメントサービス事業のワンダープラネット(名古屋市)は2022年4月13日開いた定時取締役会で、5月(予定)にシンガポールにブロックチェーンゲーム関連事業を行う子会社「WPBC Pte. Ltd.(仮)」を設立することを決議した。

ワンダープラネットは、自社開発および協業先開発のスマートフォン向けゲームの海外パブリッシングを事業の柱としており、海外へのゲームパブリッシングの体制やノウハウを強みの一つとしている。これら強みを活かし、ブロックチェーンゲームの海外パブリッシングを中心に様々な事業展開を検討、推進することを目的に、新規事業拠点としてシンガポールに100%子会社を設立することにした。

なお、拠点所在地は「海外へのブロックチェーンゲームの配信事業において有利な事業環境である」としてシンガポールを選定した。

ワンダープラネットは、今後、シンガポール子会社を軸に、本格的な事業参入に向けた海外パブリッシング体制の整備等を推進する。また、ゲーム開発事業者やブロックチェーン関連事業者などとの業務提携や出資などを通じた協業体制の構築を検討していく。

設立予定のシンガポール子会社の概要は下記の通り。

【 名称 】WPBC Pte.Ltd.(仮)
【所在地】シンガポール
【事業内容】ブロックチェーンゲーム関連事業
【 株主 】ワンダープラネット100%
【設立日】2022年5月(予定)

なお、2022年8月期業績への影響は軽微という。

-進出・出資・撤退

Copyright© シンガポール新聞社 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.