進出・出資・撤退

東海東京フィナンシャルHD、シンガポールのSTO取引所運営ICHX社に出資

投稿日:

東海東京フィナンシャル・ホールディングスは2019年11月14日、シンガポール現地法人Tokai Tokyo Global Investments Pte.Ltd.がシンガポールでSTO取引所(セキュリティ・トークン・オファリング取引所)を運営するICHX TECH Pte.Ltd.(ICHX社)と出資契約を締結したと発表した。出資額は500万米ドル。2020年2月初旬の株式取得を予定する。

STは、ブロックチェーン技術等により主に株式、債券、不動産などを裏付けとしてデジタル化した証券で、STOでは、STを発行し投資家に販売することで資金調達できる。

発表によると、ブロックチェーン技術を活用したST取引は、証券取引の決済期間の短縮化、24時間365日マーケットにアクセス可能なこと(流動性の向上)やコストの大幅な削減など、発行体・ 投資家双方にとって大きなメリットがあると期待されているという。

ICHX社は、シンガポールで「iSTOX」と呼ばれるSTO取引所を設立。現在、シンガポール通貨金融庁(MAS)が推進・監督する制度上で運営しており、RMO(Recognised Market Operator=公認運営業者)ライセンス取得を予定する。今後はアジアの資本市場全体をターゲットとし、ビジネス展開していく方針という。

東海東京フィナンシャル・ホールディングスグループは、ICHX社への出資により、ICHX社の日本におけるパートナーとして、日本国内の発行体・投資家をアジアで初めて政府認可を受けるSTO取引所へ取り次ぐなど、先進的なサービスを提供することを検討する。

ビジネススキームイメージ

ICHX社の概要は下記の通り。

【 会社名 】ICHX TECH Pte.Ltd.
【登記番号(シンガポール)】201731973M
【 本社 】150 Beach Road Gateway West #06-03/04 Singapore 189720
【 設立 】2017年11月7日
【事業内容】金融サービス事業、情報システム事業
【 代表者 】CEO Danny Toe
【 資本金 】537万5,000SGD

【主要株主】
ICH Singapore Holdings Pte.Ltd.
Asian Gateway Investments Pte Ltd.(SGX100%子会社)
Hecolina Capital Management Pte.Ltd.(シンガポール政府系投資会社テマセック子会社)
その他

-進出・出資・撤退

Copyright© シンガポール新聞社 , 2023 All Rights Reserved Powered by STINGER.