気候変動(低・脱炭素)

伊藤忠商事・仏EDF社・Tuas Power社、グリーン水素・アンモニア分野で協業

投稿日:

伊藤忠商事は、フランスの電力最大手Électricité de France(EDF社)とシンガポールの発電会社Tuas Power社と、脱炭素社会の実現を目指してグリーン水素およびアンモニア分野での協業に関するMemorandum of Understanding(MOU)を締結した。2022年10月26日発表した。

同MOUはシンガポール・エネルギー市場監督庁(EMA)主催のSingapore International Energy Week(SIEW)2022で調印された。

アンモニアは低コストで効率よく輸送・貯蔵できる水素キャリアで、火力発電所や船舶でのCO2フリー燃料として、温室効果ガス排出の削減効果が期待されている。3社で開発検討するグリーンアンモニアは、従来のガスや石炭といった化石燃料由来の製法とは異なり、再生可能エネルギー(太陽光や風力)を資源とし、電気分解プロセスを経て得られるグリーン水素から生産されるため、CO2排出をネットゼロに近づける上で次世代の持続可能なエネルギー資源として注目されている。

今後3社は各社の知見を活かし、脱炭素社会の実現に向けたグローバルな再生可能エネルギープロジェクトの開発から、グリーンアンモニア製造、発電、船舶燃料としての供給に至るグリーン水素由来のアンモニアサプライチェーンの構築に向けて、具体的な案件の取組について検討していく。

同MOUをプラットフォームとし、EDF社は再生可能エネルギー開発由来の水素の世界的な供給者を目指し、Tuas Power社はシンガポールのグリーン発電に貢献することを目指す。

-気候変動(低・脱炭素)

Copyright© シンガポール新聞社 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.