気候変動(低・脱炭素) 進出・出資・撤退

出光興産、シンガポール企業に出資参画、東南アで屋根設置太陽光発電事業展開

投稿日:

出光興産は、シンガポールを本拠に東南アジアで太陽光発電事業を展開するSkye Renewables Holdings Pte.Ltd.(CEO : Ross Alexander John Coull)と、共同事業会社Skye Renewables Energy Pte.Ltd.のもと、東南アジア地域を中心に産業用施設・商業用施設の屋根設置型太陽光発電事業の開発・運営を行うことを決めた。2022年7月12日発表した。

出光興産は、シンガポール子会社IDEMITSU ASIA PACIFIC PTE.LTD.を通じて、Skye Renewables Energy社に資本参加し、シンガポール、マレーシア、フィリピン、ベトナムを中心に産業用・商業用施設や公共施設などでの屋根設置型太陽光発電事業を推進する。

同事業では、太陽光発電システムを顧客の施設に設置し、エネルギーソリューションサービスと再生可能エネルギーの提供を通じて、脱炭素化・ESG経営を支援していくとしている。

-気候変動(低・脱炭素), 進出・出資・撤退

Copyright© シンガポール新聞社 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.