スマートシティ・通信 気候変動(低・脱炭素) 進出・出資・撤退

ブイキューブ、シンガポールのEV充電サービススタートアップに出資

投稿日:

ブイキューブ(東京都港区)は、シンガポール現地子会社を通じてEV充電サービス関連のシンガポールのスタートアップCHARGE+(CEO:Goh Chee Kiong)へ出資し、シンガポールを中心とした東南アジアにおける事業展開を支援するとともに、日本国内への事業展開の検討・準備を開始した。2022年7月6日発表した。

発表によると、CHARGE+は独自の超薄型EV充電器の開発、スマート充電ソフトウェアの開発、ソリューション事業展開を行っている。高い技術とデザイン性、価格競争力に優れた製品により、後発ながらシンガポール国内トップレベルのシェアを獲得し、政府・公共機関や公営住宅、マンション、商業施設、工業ビル、タクシーやバスの基地などにサービスを提供するシンガポール唯一の総合充電事業者となっている。現在、2030年までに少なくとも1万台の充電ポイントを設置するというロードマップを実行しているという。

ブイキューブは「脱炭素社会の実現に向けた取り組みの事業として育てていく」としている。

◇CHARGE+ Inc.
【本社所在地】2 Boon Leat Terrace Harbourside 2, #04-03/04 Singapore 119844
【  CEO  】GohGoh CheeChee KiongKiong
【 事業内容 】EV充電器の開発、設置、ソフトウェア開発、関連するソリューションの提供

-スマートシティ・通信, 気候変動(低・脱炭素), 進出・出資・撤退

Copyright© シンガポール新聞社 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.