気候変動(低・脱炭素)

双日・Sembcorp、インフラ・新エネルギー分野で脱炭素テーマに戦略的提携

投稿日:

双日は2022年10月25日、シンガポールのコングロマリット企業Sembcorp Industries Limitedと、脱炭素をテーマに広範囲なインフラおよび新エネルギー分野の事業領域での戦略的提携についての覚書を締結した。

アジア太平洋地域で、再生可能エネルギー、バッテリー・エネルギー貯蔵システム、グリーン水素バリューチェーン、カーボンニュートラル工業団地および廃水処理システム、廃棄物の資源化、倉庫プラットフォームなど多岐にわたるインフラや新エネルギー分野の事業領域で協業することを定めた。

調印式 Sembcorp社・Wong CEO(左)と双日・藤本昌義社長(右)

Sembcorp社は、シンガポール証券取引所(SGX)上場企業で、グループ総資産は144億SGD。シンガポール政府系投資ファンドTemasekが最大株主となっている。シンガポールほか、6大陸で電力・ガス・蒸気・水などのインフラ整備事業、工業団地および都市開発を手掛けている。

双日とSembcorp社は、2001年から携わったベトナムIPP(発電)プロジェクト以来、20年を超えるロングターム・パートナーとなっている。

◇Sembcorp Industries Limited
【 設立 】1998年
【 所在地  】30 Hill Street, #05-04, Singapore 179360, Singapore
【 代表者  】Group President, Chief Executive Officer, Executive Director Mr. Kim Yin Wong
【事業内容】再生可能エネルギー(風力、太陽光、蓄電)、火力発電、LNG供給、都市ソリューション(都市開発、工業団地、水処理、水供給、廃棄物処理、リサイクル)事業に関わる大手デベロッパー

-気候変動(低・脱炭素)

Copyright© シンガポール新聞社 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.