気候変動(低・脱炭素)

三菱重工・Jurong Engineering・Keppel、GTCC発電所建設契約、水素視野

投稿日:

三菱重工グループのシンガポール法人Mitsubishi Power Asia Pacific Pte.Ltd.は、シンガポールのエンジニアリング会社Jurong Engineering Limitedとのコンソーシアムにより、Keppel Infrastructure Holdings Limitedとの間で、ジュロン島Sakra地区に60万kWの最新鋭ガスタービン・コンバインドサイクル(GTCC)発電所を建設するEPC(設計・調達・建設)契約を締結した。この「Keppel Sakra Cogen発電所」は、シンガポール初の水素による発電を視野に入れた大規模発電所となる。また、Mitsubishi Power Asia Pacific社は、ガスタービンの長期保守契約(LTSA)をKeppel社と締結した。2022年8月31日発表した。

調印式の様子

発表によると、同発電所は30%の水素を含む燃料で運転できるように設計され、水素での専焼発電にも対応できる機能を備える。予定する2026年上期の完成後は、シンガポールで最も先進的で高効率の発電所となり、ジュロン島のエネルギー・化学産業にプロセス用蒸気も供給する。

また、三菱重工は、Keppel社の完全子会社Keppel New Energy Pte Ltdとの間で、シンガポールでアンモニア専焼GTCC発電所開発の事業化調査(Feasibility Study:FS)を実施する覚書(MOU)を締結した。

Keppel社のCindy Lim CEOは、「『Keppel Sakra Cogen発電所』はシンガポール初の水素発電に対応した最先端の高効率GTCC発電設備となり、Keppel社をシンガポール電力部門の脱炭素化の取り組みの最前線に位置づけるものになる。また、Keppel社のエネルギーポートフォリオは現在の130万kWから190万kWに増え、経済発展に伴い信頼性の高いエネルギーの需要が国内で高まり続ける中で、より大きな市場シェア獲得に繋がる」とコメントした。

Mitsubishi Power Asia Pacific社の大野 修CEOは、「三菱重工は、Keppel Sakra Cogen発電所に水素対応のJAC形ガスタービンを供給することを心待ちにしている。エネルギー分野で先見性のあるKeppel社との提携を通じて、我々のネットゼロ構想とも合致した、シンガポールの持続可能なエネルギーの未来を構築できることを光栄に思う」とコメントした。

JAC形ガスタービン

Jurong Engineering社の渡邊 康一CEOは「将来の脱炭素発電の実現に向けた共同の取り組みの一環として、Keppel Sakra Cogen発電所の建設に関与できることを嬉しく思う。今後も革新的なソリューションを提供することでエンジニアリング力の多様化・強化を図り、よりグリーンな未来に貢献していく」とコメントした。

-気候変動(低・脱炭素)

Copyright© シンガポール新聞社 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.