気候変動(低・脱炭素)

出光興産、シンガポールで屋根設置型太陽光発電事業開始、建設企業に0.6MW

投稿日:

出光興産は、出資するシンガポールのSkye Renewables Energy Pte.Ltd.を通じて、シンガポールに所在する国際的インフラゼネコンのHSL Constructor Pte.Ltd.の本社オフィスの屋根に0.6MWの太陽光発電設備を設置し、電力供給事業を開始する。2022年7月22日発表した。

太陽光発電システムを設置するHSL本社外観

HSL Constructor社の本社の屋根上に自家消費型太陽光発電システムを導入し、発電した電力をHSL Constructor社の子会社Verdeland Pte.Ltd.へ供給する。

HSL Constructor社は、海洋、エネルギー、食糧、環境などのインフラ建設ビジネスを展開し、東南アジアにおいて30年間で100件以上のインフラプロジェクトに関わっている。

事業概要は下記の通り。

【事業主体】Skye Renewables Singapore OpCo Pte.Ltd.(Skye Energyのシンガポール現地法人)
【 売電先 】Verdeland Pte.Ltd.
【発電容量】0.6MW
【 所在地 】42D Penjuru Road, HSL Waterfront@Penjuru, Singapore

-気候変動(低・脱炭素)

Copyright© シンガポール新聞社 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.