気候変動(低・脱炭素) 物流・ハブ

シンガポール航空、チャンギ空港で出発便にSAFを初搭載、1,000トン分

投稿日:

シンガポール民間航空庁(CAAS)、シンガポール航空、シンガポール政府系投資ファンド・テマセクの子会社で脱炭素化に取り組む投資プラットフォームを提供するGenZero社は2022年7月7日、チャンギ空港の給油システムを通じて混合処理された持続可能な航空燃料(SAF:Sustainable Aviation Fuel)の使用を開始し、シンガポール航空とスクートの出発便に初めて供給した。

今回の試験運用では、シンガポールのエクソンモービルの施設で1,000トンのNeste社製のニートSAFが精製されたジェット燃料と混合された。2,500トンの二酸化炭素排出量削減が見込まれるという。

今後、チャンギ空港でのSAFの運用・商業的実現可能性、現地施設でのニートSAFの混合、その混合処理後の航空燃料の認証、チャンギ空港への輸送など運用面での検証を行い、運用方針作成の手掛かりとなる必要なコストやそのコスト回収に必要な要素などの情報を蓄積していく。

※関連記事「シンガポール航空、22年7月からSAFクレジット販売開始、まず1,000トン分

-気候変動(低・脱炭素), 物流・ハブ

Copyright© シンガポール新聞社 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.