物流・ハブ 進出・出資・撤退

IDATEN Ventures、サプライチェーン可視化プラットフォーム運営企業に出資

投稿日:

「ものづくり・ものはこび」の変革を支えるテクノロジースタートアップへの投資・支援に特化したベンチャーキャピタルファンドIDATEN Ventures(東京都港区)は、ASEANからグローバルにデジタルマニュファクチャリングプラットフォーム「arcシリーズ」を展開するシンガポールのArcstone Pte.Ltd.(CEO:Willson Deng)に出資を実行した。日本展開などを支援していく。2022年7月6日発表した。

発表によると、「arcシリーズ」は、クラウド型製造実行システム(MES=Manufacturing Execution System)である『arc.lite』と『arc.ops』、製造サプライチェーンの可視化を実現する『arc.net』で構成されている。

『arc.lite』は、中小製造業の工場向けオンラインツールで、中小工場におけるマニュアル作業と、その作業の結果変化する在庫をデジタル記録する。マニュアル作業を紙やエクセルなどでアナログ管理していた工場は、誰が・いつ・どこで・何をどれだけしたのか――に起因する生産スケジューリング・在庫管理・設備効率管理等をデジタル管理できるようになる。

『arc.ops』は、『arc.lite』への入力を自動化するSaaSソリューションで、導入に必要なあらゆる機械やセンサー、その他システムとを繋ぐ。

『arc.net』は、主にグローバル大手製造業向け製造サプライチェーン可視化ツールで、サプライチェーン上に存在する多数の工場におけるリアルタイム製造データを『arc.lite』及び『arc.ops』を通じてデジタル化し、一元管理できる。いつ、どこで、どんな問題が発生しているか、どこでどんな滞留が発生しているかがリアルタイムで把握できるようになる。

『arc. net』の製造サプライチェーン管理ダッシュボード画面

Arcstone社のWillson Deng CEOは「製造業とサプライチェーンのエコシステムにおいて、IDATEN Venturesのような投資家の影響力とネットワークは、Arcstone社が日本国内だけでなく世界規模で素早く成長するために、正しい市場、正しい顧客、正しいパートナーにアクセスできるようにするための重要な要素だと固く信じている」とコメントした。

◇Arcstone Pte.Ltd.
【 所在地 】シンガポール
【事業内容】製造業のデジタル化、およびサプライチェーン全体の可視化を実現するデジタルマニュファクチャリングプラットフォーム「arcシリーズ」の開発・運営

-物流・ハブ, 進出・出資・撤退

Copyright© シンガポール新聞社 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.