物流・ハブ

東亜建設工業、シンガポール西部Tuas地区の3コンテナバース建設工事を受注

投稿日:

東亜建設工業は2022年7月19日、シンガポールのPSA Corporation Limitedより、Tuas地区の3つのコンテナバースの建設工事を受注したと発表した。価格は非公表。

受注した工事は、東亜建設工業が2019年に受注した8つのコンテナバースと180ヘクタール超のコンテナヤードの南側に、さらに3つのコンテナバースと55ヘクタールのコンテナヤードを建設するもので、2024年後半の完成を予定する。

Tuas港第1期開発においては既に2バースが2021年より運営開始しており、今後も段階的に開発が進められ、2040年代の全体完成時には年間取扱量6,500万TEUの世界最大の自動化コンテナ港となる予定。

◇工事概要
【工事名称】Tuas港第1期 コンテナバース(3バース)建設工事
【 発注者 】PSA Corporation Limited
【 請負者 】東亜建設工業
【完成時期】2024年後半予定

※関連記事「東亜建設工業、シンガポール・トゥアス港第1期コンテナバース建設工事を受注

-物流・ハブ

Copyright© シンガポール新聞社 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.