ニュース 日系機関・企業・社会

川崎重工、シンガポール日系船主クミアイ・ナビゲーションからLPG焚LPG船受注

更新日:

川崎重工業は、シンガポールの日系船主KUMIAI NAVIGATION(PTE)LTD(クミアイ・ナビゲーション・プライベート・リミテッド)と、84,000m³型LPG(液化石油ガス)燃料LPG運搬船1隻の造船契約を締結した。坂出工場で建造し、2022年竣工を予定する。2月10日発表した。

昨年、同社からLPG燃料LPG運搬船の1番船を受注しており、2番船となる。上甲板にLPG燃料タンクを装備する。カーゴタンクとは配管で接続されるため、必要に応じてカーゴタンクからLPGを注ぎ足すことができる。

燃料はLPGと低硫黄燃料油で、燃料油使用時に比べ、排気ガス中の硫黄酸化物(SOx)や二酸化炭素などの排出量を大幅に削減できる。2020年1月から強化されたSOx排出規制および、2022年にさらに強化される二酸化炭素排出量規制に対してはEEDI(Energy Efficiency Design Index)フェーズ3(基準値から30%のCO2削減)にも適応しているという。

主要目は下記の通り。

【 全長   】約230.00m
【 幅(型) 】37.20m
【 深さ(型) 】21.90m
【夏期満載喫水】11.60m
【 タンク容量 】84,000m³

-ニュース, 日系機関・企業・社会

Copyright© シンガポール新聞社 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.