気候変動(低・脱炭素)

出光興産、グループ初、日本中東間の原油海上輸送でカーボンクレジット活用

投稿日:

出光興産は2021年11月12日、原油の海上輸送中の燃料消費に伴うCO2排出量削減を目的に、グループ初のカーボンクレジットを活用した日本中東間の原油海上輸送を行ったと発表した。

完全子会社・出光タンカー所有の大型原油タンカー(VLCC)「日章丸」(載貨重量:300,544MT)による日本中東間往復の海上輸送に、カーボンクレジットを活用することで、理論上同区間航海1回分に相当する約1万トンのCO2排出量の相殺(オフセット)を実現した。

活用したカーボンクレジットはVCM(Voluntary Carbon Markets)で信頼性の高い第三者検証機関が世界各地のプロジェクトのCO2排出削減効果を認証したものといい、シンガポールのトレーディング拠点・出光アジア社が市場で独自に購入した。

出光興産と出光タンカーは、「今後、カーボンクレジットの有効性を精査した上で、カーボンニュートラル関連の取り組みをもとにしたクレジット創出や、当社が国内外で販売する各種製品とカーボンクレジットを組み合わせ、顧客や社会の環境負荷低減のニーズに応える新たな商品展開・販売を検討していく」としている。

-気候変動(低・脱炭素)

Copyright© シンガポール新聞社 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.