医療・健康

塩野義製薬、開発中のCOVID-19治療薬、シンガポールなどで症例集積加速

投稿日:

塩野義製薬(大阪市中央区)は2022年1月5日、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の治療薬として開発中の経口抗ウイルス薬および予防ワクチンの各取り組みの進捗状況を公表した。

治療薬の創製に向けた取り組みに関しては、開発中の3CLプロテアーゼを選択的に阻害する低分子経口抗ウイルス薬(開発番号:S-217622)は、第2/3相臨床試験Phase 2a Partの症例登録を完了し、現在Phase 2b/3 Partを実施中という。日本だけでなく韓国やシンガポール、ベトナム等でも治験サイトの開設に係る所定の手続きを終え、症例集積の加速を図っており、「引き続き、本治療薬を一日も早く国内外に提供できるよう、試験の実施と並行して規制当局との議論を継続していく」としている。すでに商用生産に着手しており、2021年度末までに100万人分の提供を目指す計画で進めている。

ワクチン開発に向けた取り組みに関しては、開発中の予防ワクチン(開発番号:S-268019)は、最終段階の臨床試験4つのうち、第2/3相臨床試験、追加免疫臨床試験を日本国内で実施中であり、必要症例の登録および接種を完了しているという。また、残る臨床試験2つのうち、プラセボ投与群を対照とした発症予防を検証するグローバル第3相臨床試験を2021年12月25日よりベトナムで開始し、既承認ワクチンを対照とした中和抗体価比較試験は2022年1月中の開始を予定する。

-医療・健康

Copyright© シンガポール新聞社 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.