気候変動(低・脱炭素)

五洋・鹿島・寄神建設、バタム島Graha造船所でSEP型多目的起重機船の進水式

投稿日:

五洋建設、鹿島建設、寄神建設の3社は2021年12月22日、共同で建造中の1,600t吊クレーンを搭載したSEP型多目的起重機船CP-16001の進水式を行った。進水式は、建造しているシンガポールのPaxOcean Engineering社のインドネシア・バタム島のGraha造船所で行われ、関係各社にオンラインで中継した。

進水証書への署名の様子

2020年1月30日に建造契約を結び、同年10月30日に造船所で起工した。コロナ禍での建造となったが進捗率は86%と計画通り順調に建造が進んでいるといい、今後はクレーンの設置などを進め、2022年9月の完成・引き渡し後、習熟訓練などを経て、2023年4月の稼働開始を目指していく。

進水状況

同起重機船は、全長120m、全幅45m、最大搭載人員100人で、洋上風車及びその基礎構造の大型化に対応して1,600t吊全旋回式クレーンを搭載し、10~14MWクラスの洋上風力発電施設を効率的に建設できる。基本設計は世界のSEP船の7割以上を手掛ける蘭GustoMSC社が、主クレーンはオフショアクレーンのトップメーカー蘭Huisman社のクレーンを搭載する。

また、同起重機船の保有・運営は、3社による共同出資会社「PKYマリン株式会社」が行う。

※関連記事「五洋建設・鹿島建設・寄神建設、シンガポールで洋上風力建設用SEP船を建造

-気候変動(低・脱炭素)

Copyright© シンガポール新聞社 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.