物流・ハブ

シンガポール航空、ボーイング737-8に搭載する新しい機内プロダクトを発表

投稿日:

シンガポール航空は2021年11月16日、ボーイング737-8に搭載する新しい機内プロダクトを発表した。開発・設計・搭載に約2億3,000万シンガポールドルを投資した。パナソニック製のシートバック型機内エンターテインメント「Xシリーズ」や、機内Wi-Fiモバイルデータ接続サービスが搭載され、一部は特注という。

機内プロダクト詳細

シンガポール航空のボーイング737-8は、ビジネスクラス10席、エコノミークラス144席の2クラス制・計154席で構成されている。今後数週間以内にブルネイ、カンボジア、インドネシア、マレーシア、モルディブ、ネパール、タイなど短・中距離路線に順次就航する。

ビジネスクラス(10席、写真左)とエコノミークラス(144席)

シンガポール航空は、「ナローボディ機でも、ワイドボディ機と同様の快適性が実現し、ネットワーク全体で乗客に常に一貫した上質な旅を提供できるようになる」としている。

-物流・ハブ

Copyright© シンガポール新聞社 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.