物流・ハブ

阪急阪神エクスプレス、シンガポール法人が印グルガオンに「南アジア開発室」

更新日:

阪神阪急エクスプレス(大阪市北区)は2021年9月27日、シンガポールのASEAN統括現地法人HANKYU HANSHIN EXPRESS SOUTHEAST ASIA PTE.LTD.がインドおよび周辺国の市場開発を行う「南アジア開発室(インド支店)」をデリー首都圏に開設すると発表した。

10月1日開業する。南アジア特にインドの消費拡大に伴い増加する輸入ビジネスや、インド発米国・中東・欧州・アフリカ向け輸出ビジネスを拡大するとともに、ヘルスケア産業への参入やコールドチェーン(低温物流体系)の構築など新たなフィールドに挑む。

HANKYU HANSHIN EXPRESS SOUTHEAST ASIA社は、阪神阪急エクスプレスがASEAN(インド含む)地域の傘下法人に対する経営管理指導、市場開発などを目的に、2015年4月100%出資して設立した。

◇南アジア開発室(インド支店)
【名称】HANKYU HANSHIN EXPRESS SOUTHEAST ASIA PTE.LTD. India Branch. (South Asia Development Section)
【住所】Office No. 503,Regus,JMD Regent Square,MG Road,Gurgaon,Haryana,122002,India
【陣容】日本人マネージャー含む3人
【業務内容】インドおよび周辺国(スリランカ、バングラデシュ、ネパールなど)の市場調査、顧客・取引先の情報収集、事業機会に繋がる情報の提供
【開業日】2021年10月1日

なお、阪急阪神エクスプレスのインド法人Hankyu Hanshin Express India Private Limitedはインド国内に12拠点を展開している。

-物流・ハブ

Copyright© シンガポール新聞社 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.