物流・ハブ

JMU、シンガポールWAN HAI LINESに3,013TEU型コンテナ船3番船引渡し

投稿日:

ジャパン・マリンユナイテッドは2022年11月8日、呉事業所で建造していたWAN HAI LINES(SINGAPORE)PTE.LTD.向け3,013TEU型コンテナ船“WAN HAI 355”を引渡した。

“WAN HAI 355”は、2021年までに8隻を引渡した3,055TEU型コンテナ船に最新の環境規則(NOx TierⅢ)を適用した3,013TEUコンテナ船の3番船。アジア発着及びアジア域内での海上輸送量の増加に伴い、中長距離の定期航路への投入が想定されるという。

“WAN HAI 355”の概要は下記の通り。

【主要寸法】全長203.50m/幅34.80m/深さ16.60m/喫水11.50m
【載貨重量】36,776トン
【総トン数】30,776トン
【  主機関 】MAN-B&W 7S70ME-C10.5 ディーゼル機関1基
【航海速力】21.50ノット
【 定員 】25人
【 船級 】ABS
【 船籍 】シンガポール

-物流・ハブ

Copyright© シンガポール新聞社 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.