物流・ハブ

ばら積み船がロシア・サハリン沖で座礁、船舶管理はシンガポール現地企業

投稿日:

川崎汽船は2020年10月29日、26日3時30分頃(現地時間)ばら積み船「MERCURY OCEAN」が荒天の中、露Boshnyakovo港の沖合で座礁したと発表した。乗組員のミャンマー人20人は全員無事という。

同船は、川崎汽船が船主MI-DAS LINE S.A.(洞雲汽船(今治市)の関連会社)より傭船したものを、さらに香港FULLINKS MARINE COMPANY LIMITEDに傭船に出しており、FULLINKS MARINE社がオペレーターとして運航していた。船舶管理会社はシンガポールのAPEX SHIP MANAGEMENT PTE LTD。

28日1時頃(現地時間)、サルベージ船が現場付近に到着し、直ちに救助作業を開始しているという。

事故の詳細な状況については調査中という。

-物流・ハブ

Copyright© シンガポール新聞社 , 2023 All Rights Reserved Powered by STINGER.