ニュース マレーシア ジョホール

日鉄エンジニアリング、イスカンダル地域でごみ焼却発電実現に向け調査

更新日:

日鉄エンジニアリングは5月25日、環境省(日本)「令和2年度脱炭素社会実現のための都市間連携事業委託業務」の公募において、共同実施者として提案・応募した「イスカンダル地域における脱炭素化促進事業(フェーズ2)(北九州市‐イスカンダル開発地域連携事業)」が採択されたと発表した。

同事業は、2019年度にNTTデータ経営研究所と北九州市が、イスカンダル地域開発庁と連携して実施した都市間連携事業の継続事業で、日鉄エンジニアリングはイスカンダル地域における廃棄物発電の実現に向けた調査を担当する。

イスカンダル開発地域はジョホール州最南部、シンガポール対岸のマレーシア第二の経済都市ジョホール・バル市を中心としたエリアで、人口約195万人、面積2,217km²。2006年の経済特区指定以後、総合的な地域開発事業が行われてきたため、温室効果ガス排出量の急速な増大への対応が課題になっているといい、現在、未処理のまま最終処分場に搬入されている廃棄物を焼却処理することによりメタンガスの発生を抑制するとともに、焼却時の排熱を利用して発電することにより、温室効果ガス排出量の削減を企図しているという。

日鉄エンジニアリングは、ストーカ炉式廃棄物焼却発電技術と、廃棄物処理PFI事業の運営経験があり、「北九州市等と連携して日本の優れたごみ処理ノウハウをイスカンダル地域でも展開することで、廃棄物の大幅な減量化・エネルギー利用拡大と温室効果ガス排出量削減に貢献できると考えている」としている。

案件概要は下記の通り。

【 案件名 】イスカンダル地域における脱炭素化促進事業(フェーズ2)
     (北九州市‐イスカンダル開発地域連携事業)
【実施地域】マレーシア・イスカンダル地域
【実施主体】NTTデータ経営研究所
【共同実施主体】北九州市、日鉄エンジニアリング、地球環境戦略研究機関・北九州アーバンセンター、イスカンダル地域開発庁
【活動内容】①産業共生型エコタウンの実現に向けた活動
      ②廃棄物発電の実現に向けた活動
      ③JCM適用案件の発掘活動

-ニュース, マレーシア ジョホール

Copyright© シンガポール新聞社 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.