進出・出資・撤退

楽天、キャッシュバックサービス「ShopBack」展開のシンガポール企業に出資

投稿日:

楽天は2019年4月10日、グループのCVCである楽天キャピタルを通じ、アジア太平洋地域を中心にキャッシュバックサービス「ShopBack」を展開するシンガポール企業Ecommerce Enablers Pte. Ltdに出資し、主要株主になったと発表した。楽天の完全子会社でキャッシュバックサイトを運営するEbates Inc.のAmit Patel CEOが4月3日付でEcommerce Enablers社の取締役に就任した。

「ShopBack」は、同サイトを経由して提携先ショッピングサイトで商品やサービスを購入した利用者に、購買額に応じて一定額をキャッシュバックするサービスプラットフォームで、サービス対象エリアであるアジア太平洋7カ国・地域(シンガポール、マレーシア、インドネシア、フィリピン、タイ、豪州、ベトナム、台湾)の700万人以上のユーザーを通じて毎月250万以上の取引を実現しており、Ecommerce Enablers社の2018年の年間売上高は前年比250%増と成長しているという。

Ecommerce Enablers社は2014年にシンガポールで設立された。昨年はベトナムと台湾に研究開発拠点を開設した。

-進出・出資・撤退

Copyright© シンガポール新聞社 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.