進出・出資・撤退

大成温調、シンガポール総合建設企業の株式取得申し入れ、持株比率14.89%に

投稿日:

大成温調は、シンガポールの総合ファシリティサービス企業ISOTEAM LTD.(ISOTEAM社)の第三者割当増資による新規発行株式50,000,000株の取得申し入れを、シンガポールのOCBC証券に行う予定を決めた。2019年11月12日の取締役会で決議した。2019年12月18日発表した。

発表によると、ISOTEAM社はシンガポール証券取引所に上場し、公共施設や商業施設の工事を請け負う、シンガポールを拠点とする総合建設会社。大成温調はISOTEAM社株式取得により「有望な将来性を持つシンガポールを軸とした東南アジアへの事業展開強化を進める」としている。ISOTEAM社の新規株式取得により、大成温調の持株比率は14.89%になる見込み。

ISOTEAM社の3年間の経営成績は、下表の通り。

大成温調は2018年3月21日にISOTEAM社子会社ISOインテグレートM&E社(非上場)の発行済株式の34.1%を取得、ISOインテグレートM&E社へ取締役1人を派遣している。

ISOTEAM社株式取得が連結・個別業績に与える影響は軽微という。

◇ISOTEAM LTD.
【所在地】8 Changi North Street1, ISOTEAM Building in Singapore
【代表者】Mr. Anthony Koh Thong Huat(CEO)
【事業内容】総合ファシリティサービス業
【資本金】5,924万3,000シンガポールドル(約47億4,000万円)
【設立年月日】1998年
【大株主及び持株比率】ADD Investment 27.97%、City Bank Nominees 13.99%

-進出・出資・撤退

Copyright© シンガポール新聞社 , 2023 All Rights Reserved Powered by STINGER.