ニュース 日系機関・企業・社会

小田急電鉄、シンガポールのMaaSアプリ「Zipster」と連携で合意

更新日:

小田急電鉄は10月30日、開発しているMaaS アプリへの提供を前提とした日本初のオープンな共通データ基盤「MaaS Japan」において、シンガポールでMaaSアプリ「Zipster」を運用するmobilityX 社とデータの連携およびサービスの検討を行うことで合意したと発表した。

「Zipster」と「MaaS Japan」を接続し、日本におけるサービスの検討を行う。増加する訪日外国人旅行者に、自国で日常的に使用しているMaaSアプリを日本で利用できる環境を整備し、使い慣れたアプリによる交通サービスの複合経路検索や運行情報の提供、日本の交通事業者等が発行する各種チケットの購入の実現を目指す。

小田急電鉄はこれまで、MaaS Japanに関して、ヴァル研究所、タイムズ24、ドコモ・バイクシェア、WHILL、九州旅客鉄道、遠州鉄道、日本航空、JapanTaxi、ディー・エヌ・エーなどと連携することで合意している。

-ニュース, 日系機関・企業・社会

Copyright© シンガポール新聞社 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.