進出・出資・撤退

日本経済新聞社、シンガポールAIベンチャーと資本業務提携、scoutAsia強化

投稿日:

日本経済新聞社は2019年10月7日、シンガポールの新興AI(人工知能)技術企業DC Frontiers社(DCF社)と資本業務提携したと発表した。発行済み株式の14.79%を取得した。

DCF社は日経と英フィナンシャル・タイムズ(FT)が共同展開する英文データサービス「scoutAsia(スカウトアジア)」の開発に参画する。高度なAI技術とデータを取り込み、ニュースモニタリングや企業情報検索サービスの強化をはかる。新機能は10月から順次搭載していく。

DCF社は2011年創業のAIベンチャーで、「Handshakes(ハンドシェイクス)」のサービス名で金融機関や事業会社、アジア各国の政府機関向けのビジネスを展開している。

AIを使った記事のタグ付け技術や、企業と人物、資本などの関係図をビジュアルに検索・表示するコネクションマップなどを得意とし、中国、シンガポール、マレーシア、ベトナムなど9,000万社を超える企業登録データを販売する権利も持つという。

-進出・出資・撤退

Copyright© シンガポール新聞社 , 2023 All Rights Reserved Powered by STINGER.