物流・ハブ

川崎汽船シンガポール現地法人、ドバイEGA社向けボーキサイト輸送開始

更新日:

川崎汽船は2019年7月2日、シンガポール現地法人“K” Line Pte Ltd(KLPL社)がEmirates Global Aluminium(アラブ首長国連邦ドバイ、EGA 社)と締結したケープサイズ型ばら積船によるボーキサイト長期輸送契約の第一航海船(MV Cape Taweelah)が、ギニアでの積み荷役を完了し、6月23日に揚げ地であるPort Khalifa(UAE)に到着したと発表した。

Port Khalifaでは、EGA社がケープサイズ型ばら積船の初入港式典を開催。EGA社Managing Director & CEOのAbdulla Kalban氏、Abu Dhabi Ports社の幹部をはじめ、川崎汽船の浅野敦男代表取締役専務執行役員らが出席し、入港を祝った。

初入港記念式典 写真提供・Emirates Global Aluminium 社

EGA社はアブダビのMubadala Investment CompanyとドバイのInvestment Corporationが共同保有するアルミニウム生産企業で、川崎汽船は今回の初航海を皮切りに今後年間約500万トンのボーキサイトをギニアからUAEに輸送する。

-物流・ハブ

Copyright© シンガポール新聞社 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.