物流・ハブ

シンガポール航空・マレーシア航空MOU締結、グループ提携関係大幅強化

更新日:

シンガポール航空(SIA)とマレーシア航空(MAB)は2019年6月27日、提携関係を大幅に強化するための覚書(MOU)を締結した。同日発表した。

両社グループは、シンガポール=マレーシア線のコードシェア便の大幅拡大、マイレージプログラムの強化や、メンテナンス、修理、オーバーホールサービスなどで幅広い戦略的パートナーシップを探求する。

規制当局の承認を前提に、今後数カ月以内の正式契約を目指す。契約にはSIA子会社SilkAir、Scootと、MAB姉妹航空会社Fireflyも含む。

SIAのGoh Choon Phong CEOは「SIAとMABは急成長する航空旅行市場地域を拠点とし、ASEAN内で幅広く事業展開しているほか、世界の多くの地域を網羅する大規模ネットワークも運営している。MOUを通じて協力範囲を拡大し、マレーシアとシンガポールの世界規模の接続性を高める」とコメントした。

マレーシア航空グループのIzham Ismail CEOは、「両社は歴史的にも文化的にも強い結びつきがある。さらに密接な関係を地域を超えて構築することを喜んでいる。5社が参加するパートナーシップによって顧客への提案力を強化できる」とコメントした。

-物流・ハブ

Copyright© シンガポール新聞社 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.