ニュース 日系機関・企業・社会

IT物流プラットフォームQxpress Corp.、5,000万ドル投資誘致に成功

更新日:

IT物流プラットフォームQxpress Corp.(本社・千葉県船橋市)は6月12日、グローバル私募ファンドCrescendo Equity Partnersによる5,000万ドル(約60億円)規模の大規模投資誘致に成功したと発表した。

Qxpressはグローバルショッピングモール「キューテン(Qoo10)」を基盤に2010年設立された物流トータル企業で、シンガポール、日本、韓国、アメリカ、中国、インドネシアなどで法人を運営している。Eコマースに特化した物流プラットフォームとして、毎年30~40%以上売り上げを伸ばしてきた。

今回の投資を受けて、ブロックチェーンを活用した物流管理システムの構築など新たな事業の発掘や、東京・品川に営業支社設立、千葉・船橋の物流センターの自動化設備への投資による海外EC販売(CBT)及び海外物流サービス事業拡大、マレーシア法人設立など多国家間の物流ネットワーク強化などを行っていく方針という。

Qxpress Corp.のYou Sang Won代表は、「シンガポール国内のオープンマーケット1位のシェアを持つグループのQoo10 singaporeを中心に韓国、台湾、インドネシア、マレーシアなどグローバルQoo10サイトのプラットフォームを通じ、日本のEC事業者及び販売者の海外進出と売り上げ拡大を積極的に支援していく」とコメントした

Crescendo Equity PartnersはグローバルオープンマーケットeBayの子会社で、グローバル電子決済サービスPayPalの共同設立者Peter Andreas Thiel氏が出資した私募ファンドで、近年は中堅・ベンチャー企業などに集中的に投資しているという。

今回の投資の誘致には米国ゴールドマン・サックスがQxpressの財務諮問を、グローバル法律事務所Dechert LLPが法律諮問を担当した。

-ニュース, 日系機関・企業・社会

Copyright© シンガポール新聞社 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.