気候変動(低・脱炭素) 物流・ハブ

商船三井、LNG船がバイオ燃料で試験航行、シンガポール港で約1,500トン補油

投稿日:

商船三井は、香港のグループ会社AQUARIUS LNG SHIPPING LIMITEDが保有するLNG輸送船“Papua”でバイオ燃料を使用した試験航行を実施した。2022年11月15日発表した。

“Papua”には約1,500トンのバイオ燃料がExxonMobil Marine Limitedよりシンガポール港で補油された。

使用された船舶用バイオ燃料は、硫黄含有率0.50%の低硫黄重油(VLSFO)に廃棄物由来の脂肪酸メチルエステル(FAME)を最大25%添加して加工されたもので、このバイオ成分は国際持続可能性カーボン認証(ISCC)を受けているという。

“Papua”は2015年に上海の滬東中華造船(集団)有限公司(Hudong-Zhonghua Shipbuilding (Group) Co., Ltd.)で建造され、パプアニューギニアにおけるExxonMobilプロジェクトの第一船としてPNG LNGプロジェクトへ長期貸船契約に基づき投入されている。

-気候変動(低・脱炭素), 物流・ハブ

Copyright© シンガポール新聞社 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.