物流・ハブ

苫小牧埠頭、19年7月~20年3月シンガポール向け冷凍小口混載輸送事業

更新日:

苫小牧埠頭(本社・北海道苫小牧市)は2019年5月28日、北海道の農水産品や加工品等の輸出を一層拡大するため、苫小牧港利用促進協議会による支援を活用して、2019年7月~2020年3月までシンガポールとマレーシア向けに冷凍小口混載輸送事業を実施すると発表した。

同事業は、海上コンテナ1本に満たない小・中ロットの貨物や、航空運賃では割高となるような道産食品に対し、苫小牧埠頭が所有する冷凍倉庫(3,500トン)を集約拠点とした冷凍小口混載輸送を実現し、低コスト運賃の提供と安定したコールドチェーンによって輸出促進を図るもので、シンガポール向けではプライム・ストリーム北海道、マレーシア向けではとかち製菓と提携して商流の確保を図る。

提供・苫小牧埠頭

-物流・ハブ

Copyright© シンガポール新聞社 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.