総合

三井化学、ジュロン島に「タフマー®」のプラントを新設、生産能力増強

投稿日:

三井化学は、シンガポールの100%子会社MITSUI ELASTOMERS SINGAPORE PTE LTD(MELS)の高機能エラストマー「タフマー®」のプラントを新設し生産能力を増強することを決めた。生産能力120千トン/年の工場をジュロン島内に新設する。2022年8月30日発表した。

<新設計画の概要>
【 製品 】高機能エラストマー「タフマー®
【工場立地】シンガポール ジュロン島内
【生産能力】120千トン/年 (既存設備生産能力:225千トン/年)
【スケジュール】2024年度中完工(予定)

シンガポールの「タフマー®」既存製造プラント

発表によると、「タフマー®」は樹脂の性質を飛躍的に向上させる樹脂改質材、軟質成形材料で、柔軟で軽量な特長を持ち、太陽電池関連部材、包装資材、エンジニアリングプラスチック改質材、スポーツシューズ、自動車用部品など幅広い分野で使用されている。

「タフマー®」の需要は世界経済の成長と共に堅調に推移していて、循環経済実現へ向けた対応や、クリーンエネルギー導入の活発化を背景に更に増加することが見込まれているという。

◇MITSUI ELASTOMERS SINGAPORE PTE LTD
【 本社 】3 HarbourFront Place #10-01 HarbourFront Tower 2 Singapore 099254,
【 設立 】2001年2月7日
【 資本金  】9,630万米ドル(三井化学100%出資)
【 社長 】新田 敏雄
【事業内容】「タフマー®」を中心としたエラストマー製品の製造・販売

-総合

Copyright© シンガポール新聞社 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.