デジタル経済 進出・出資・撤退

SBI HD、SC Venturesがシンガポールに設立運営のPower2SME社に出資

投稿日:

SBIホールディングスは、英Standard Chartered Bankのベンチャー投資&インキュベーションユニットであるシンガポールのSC Venturesがシンガポールで設立運営しているPower2SME Pte.Ltd.に出資した。2022年6月27日発表した。

発表によると、Power2SME社はインド、ケニアでMSME(中小零細企業)向けのB2B ECマーケットプレイス及び付随する資金ニーズに対応するSCF(サプライチェーンファイナンス)、BNPL(後払い決済)などを提供するプラットフォーム「SOLV」を運営している。

インドには、全土にKirana(キラナ)と呼ばれる個人事業主が運営する小規模小売店舗を含むMSMEが6,300万以上存在し、SOLVは当該MSMEの仕入れや資金調達、顧客管理やロイヤリティマネジメント等を外部サービスも活用しながらプラットフォームを通して提供する。既にケニアへ事業展開しており、ベトナム、マレーシア、バングラデッシュなどへの展開も検討しているという。

SBIホールディングスはSC Venturesと5月に事業提携を締結。今回のPower2SME社への出資は事業提携基本合意に基づくパイプライン案件への出資となる。「今後もSC Venturesと連携し、南アジア、中東、アフリカ等の地域における投資活動の推進強化を含む、基本合意内容に基づいた事業展開を実施していく」としている。

◇Power2SME Pte.Ltd.
【本社所在地】シンガポール
【  設立  】2021年10月
【 事業内容 】B2B向けECマーケットプレイス及びSCF、BNPLを提供するプラットフォームの運営

※関連記事「SBIホールディングス、シンガポールのSC Venturesと業務提携に向け基本合意

-デジタル経済, 進出・出資・撤退

Copyright© シンガポール新聞社 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.