気候変動(低・脱炭素) 産官学連携

千代田化工建設、シンガポールでの水素サプライチェーン構築産学Pに助成金

投稿日:

千代田化工建設は2022年3月30日、南洋理工大学(NTU)、シンガポール国立大学(NUS)、シンガポールの民間5社PSA International社、Sembcorp Industries社、City Energy社、Jurong Port社、Singapore LNG Corporation社、および三菱商事と共同で開発中のシンガポールにおける水素サプライチェーン構築のための連携プログラムに対して、シンガポール政府からの助成金交付が決定したと発表した。

千代田化工建設の技術であるSPERA水素は常温・常圧の状態で液体で、化学的にも安定しているため取り扱いが容易で、既存の石油・石化製品の規格やインフラを活用できるなどの特徴が評価されたという。

助成金は、低炭素エネルギー技術ソリューションに関する研究・開発・実証プロジェクトに対する支援を目的にシンガポール政府が主導して設立したLow-carbon Energy Research Funding Initiative(LCER FI)を通じて交付される。

千代田化工建設は2020年3月にシンガポールの民間5社、三菱商事と覚書を締結して以来、水素サプライチェーンの商業化、コスト低減へ向けた案件開発を進めている。「今回の取り組みはシンガポールにおいて価格競争力のある水素サプライチェーン構築、商業化へ向けた重要な位置を占める。SPERA水素技術を活用し、メチルシクロヘキサン(MCH)から水素を抽出するための触媒技術や反応器改良の研究開発に取り組む」としている。

◇PSA Corporation Limited社
【 所在地 】シンガポール
【事業内容】シンガポールにおけるコンテナ港の運営
【 代表者 】Mr. Ong Kim Pong, Regional CEO Southeast Asia

◇Sembcorp Industries社
【 所在地 】シンガポール
【事業内容】エネルギー産業、海洋産業、都市開発産業を中心としたソリューション提供事業
【 代表者 】Mr. Neil McGregor, Group President & CEO

◇City Energy社
【 所在地 】シンガポール
【事業内容】シンガポール国内における都市ガスの製造および都市ガス・天然ガスの小売
【 代表者 】Mr. Tan Chuan Huat Kenny, Chief Executive Officer

◇Jurong Port社
【 所在地 】シンガポール
【事業内容】シンガポールにおける多目的港の運営
【 代表者 】Mr. Ooi Boon Hoe, Director and Chief Executive Officer

◇Singapore LNG Corporation社
【 所在地 】シンガポール
【事業内容】シンガポールにおけるLNGターミナルの運営
【 代表者 】Mr. Tang Kin Fei, Chairman of Singapore LNG Corporation Pte Ltd

※関連記事「三菱商事と千代田化工建設、シンガポールの民間5社が水素技術で覚書を締結

-気候変動(低・脱炭素), 産官学連携

Copyright© シンガポール新聞社 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.