気候変動(低・脱炭素) 物流・ハブ

BHP、LNG燃料ニューカッスルマックスばら積み船がジュロン港でバンカリング

投稿日:

豪・鉱業BHPは2022年2月7日、液化天然ガス(LNG)を燃料とするニューカッスルマックスばら積み貨物船5隻をシンガポールの海運会社Eastern Pacific Shipping(EPS社)から5年間チャーターし、あわせてShellとLNG燃料の契約を締結したと発表した。

世界初のLNGを燃料とするニューカッスルマックスばら積み貨物船“MV Mt.Tourmaline”(載貨重量20万9,000トン)は初航海において、シンガポールでLNG燃料供給船“FueLNG Bellina”によるLNGバンカリングを行うため2月7日にジュロン港に寄港した。

“FueLNG Bellina”は、Shell Eastern PetroleumとKeppel Offshore& Marineの合弁会社FueLNGによって操業されている。

LNG燃料供給後、“MV Mt.Tourmaline”は鉄鉱石の積荷作業のため、西オーストラリア州ポートヘッドランドに向けて出港し、2022年から西オーストラリア州–アジア間の鉄鉱石輸送に従事する。

BHPのVandita Pant最高商務責任者は「“MV Mt.Tourmaline”は、エネルギー効率と排出係数を大幅に改善するとともに、バリューチェーン全体のGHG排出量を削減する。LNG燃料貨物船は、従来燃料による船舶航海と比較して、ひと航海あたり30%以上のGHG排出係数の削減が見込まれており、BHP製品のBHPによるチャーター海運輸送において40%の排出係数削減を促進するというBHPの2030年目標に貢献することになる」とコメントした。

EPS社のCyril Ducau CEOは「今回の歴史的なLNGバンカリングは、業界のエネルギー転換が本格化していることをさらに証明するものである。このLNG二元燃料型ニューキャッスルマックス船舶は、世界初の試みだが、それ以上に重要なのは、海運と鉱業のカルチャーシフトを意味しているということだ。“MV Mt.Tourmaline”は、世界がネットゼロ・ソリューションに取り組む中で、炭素排出量の大幅削減が実現可能であること、それを実行することの必要性を両業界に伝えている」とコメントした。

FueLNGのChris Ong会長(Keppel O&M CEO)は、「シンガポールにおけるLNGバンカリングの大手供給業者であるFueLNGは、BHPやEPSなどの業界リーダーの脱炭素化の取り組みをサポートする立場にある。さまざまな船舶に燃料供給ができるFueLNGは、世界初のLNGを燃料とするニューカッスルマックスばら積み貨物船にサービスを提供できることを喜ばしく思うと共に、残り4隻の貨物船がシンガポールに寄港するのも心待ちにしている」とコメントした。

※関連記事「川崎汽船、シンガポール初のLNG燃料供給船“FUELNG BELLINA”船舶管理開始

-気候変動(低・脱炭素), 物流・ハブ

Copyright© シンガポール新聞社 , 2023 All Rights Reserved Powered by STINGER.