医療・健康

エーザイ、シンガポールで関節リウマチと炎症性腸疾患の新たな治療選択肢提供

投稿日:

エーザイは、経口のヤヌスキナーゼ1(JAK1)選択的阻害剤フィルゴチニブ(海外製品名「Jyseleca®」、日本製品名「ジセレカ®」)について、韓国・台湾・香港・シンガポールにおける関節リウマチと炎症性腸疾患(潰瘍性大腸炎、クローン病)の適応に関する商業化・販売契約をギリアド・サイエンシズ・インク(米カリフォルニア州)と締結した。エーザイは、フィルゴチニブについて2019年12月に日本法人ギリアド・サイエンシズ社(東京都)と日本での販売提携契約を締結している。2021年12月20日発表した。

今回の契約に基づき、エーザイは、ギリアド・サイエンシズ・インクより、韓国・台湾・香港・シンガポールにおけるフィルゴチニブの同適応に関する独占的販売権を獲得する。

ギリアド・サイエンシズ・インクは、関節リウマチの適応で台湾においては新薬承認を取得し、韓国では承認申請を行っており、いずれもエーザイが製造販売承認を承継する予定。香港・シンガポールでは、エーザイが新薬承認申請を行う。同契約に伴い、エーザイはギリアド・サイエンシズ・インクに対し契約一時金のほか、薬事および販売マイルストンを支払う。

発表によると、フィルゴチニブは、JAK1に選択性を有する新規経口JAK阻害剤(1日1回投与)で、日本では「既存治療で効果不十分な関節リウマチ(関節の構造的損傷の防止を含む)」の適応を有している。2021年4月に日本法人ギリアド・サイエンシズ社が、中等症から重症の活動性潰瘍性大腸炎を有する患者の治療薬として適応追加を申請しているという。

エーザイは「アジアにおける強固な事業基盤を活用して、関節リウマチと炎症性腸疾患に対する新たな治療選択肢を提供する」としている。

-医療・健康

Copyright© シンガポール新聞社 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.