総合

信金シンガポール、国内信用金庫の取引先現地法人に対する初の直接貸出実行

更新日:

信金中央金庫(東京都中央区)は2021年12月23日、シンガポール法人SHINKIN SINGAPORE PTE.LTDと瀬戸信用金庫(愛知県瀬戸市)と連携し、瀬戸信用金庫の取引先であるヤマツネ(愛知県名古屋市)のシンガポール現地法人Yamatsune Singapore Pte.Ltd.向け貸出を行った。同日発表した。

SHINKIN SINGAPORE社による信用金庫取引先の海外現地法人に対する初の直接貸出となった。信金中央金庫と瀬戸信用金庫が保証連携した。融資額は非開示。

瀬戸信用金庫・総合企画部担当者は、同信用金庫がヤマツネ本社に融資する場合と比べた今回スキームによる直接貸出のメリットについて「親会社のB/S(貸借対照表)を使用せず、為替リスクも相応に低減できる。また、現地銀行の中小企業向け融資よりも一般的に低金利で借入可能である」と説明した。

ヤマツネはアウトドア、ゴルフ用靴下やニットの製造販売を行う企業で、『YAMAtune』『Dragon myth』『結糸‐YU・ITO‐』等のブランド展開を行っている。2021年1月にシンガポール現地法人Yamatsune Singapore Pte. Ltd.を設立し、アジア向け販売体制を強化する中で、今回の資金調達に至ったという。

◇Yamatsune Singapore Pte.Ltd.
【所在地】10 Anson Road, #14-06 International Plaza,Singapore 079903
【 業種 】アウトドア、ゴルフ用靴下等販売

【貸出実行日】2021年12月23日
【資金使途】運転資金

-総合

Copyright© シンガポール新聞社 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.