総合

みずほリース、シンガポールGLP社に15億円サステナビリティ・リンク・ローン

更新日:

みずほリースは2021年9月15日、シンガポールの物流施設大手GLP Pte Ltdを借入人とするサステナビリティ・リンク・ローン(SLL)に向け、15億円の融資を実行した。9月16日発表した。

SLLは、融資先のSDGsやESG戦略に整合した取組目標であるサステナビリティ・パフォーマンス・ターゲット(SPTs)を設定し、その達成状況に応じて、融資条件が変動する。

GLP社は2007年にシンガポールで創業した賃貸型物流不動産の開発・運営会社で、中国・日本を中心に、欧州、インド、ブラジルなど世界17カ国に展開している。物流施設運営全般で培ったビジネス経験を活かし、物流施設の開発、運営、リーシング、各種コンサルティングなど幅広い事業を行っている。また、REIT・ファンド設立による資金調達手段の多様化を他社との差別化に繋げ、事業存立基盤や収益性も確保しているという。

-総合

Copyright© シンガポール新聞社 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.