総合

音声認識スタートアップAI Communis社、エンジェルラウンド50万米ドル調達

更新日:

音声認識と自然言語処理技術を活用したソフトウェア開発に取り組むシンガポールの日系スタートアップAI Communis Pte.Ltd.は2021年9月13日、米国、日本、シンガポールのエンジェル投資家から50万米ドル(約5,500万円)の調達を完了したと発表した。

AI Communis社は2020年4月設立。シンガポールのBLOCK71に入居し、東南アジアの言語・方言に特化した音声認識エンジンの開発を進めている。具体的には、動画サービスの字幕付け業務・翻訳付け業務にAIを活用することで業務効率化に繋げるプロダクトの開発を進めているといい、資金調達により音声認識エンジンの対応言語のラインアップを拡充するとともに、音声認識および自然言語処理技術を活用した動画編集ソフトウェアの開発を加速するとしている。

◇AI Communis Pte.Ltd.
【代表者】Co-Founder & CEO鈴木 信彦
【所在地】71 Ayer Rajah Crescent,#06-24,Singapore 139951
【事業内容】音声認識、自然言語処理の研究および同技術を活用したソフトウェアの開発

-総合

Copyright© シンガポール新聞社 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.