物流・ハブ

阪急阪神不動産、シンガポールSembcorp社との合弁通じ越物流倉庫建設に着手

更新日:

阪急阪神不動産(大阪市北区)と物流施設の賃貸・管理・開発・仲介・投資助言事業のシーアールイー(東京都港区)は2021年9月10日、シンガポール政府系投資ファンドTemasek傘下のSembcorp Development Ltd.と共同出資するSembcorp Infra Services Pte.Ltd.を通じて取り組むベトナム北部VSIPハイズオン工業団地内の物流倉庫開発プロジェクト「セムコープ・ロジスティクスパーク(ハイズオン)」の建設に着手した。2022年春頃の竣工を予定する。9月28日発表した。

竣工すれば、阪急阪神不動産がSembcorp Infra Services 社を通じて運営する物流倉庫は、ハイフォン市内の3棟に次いで4棟目となり、総賃貸面積は約5万6,000ⅿ2(約17,000坪)となる。

VSIPハイズオン工業団地は、ベトナム・シンガポール両政府の支援で開発が進められている。首都ハノイ市と北部最大の港湾都市ハイフォン市を結ぶ主要幹線道路沿いに位置しており、広域物流拠点として高い優位性を持っているという。

位置図(提供・阪神阪急不動産)

◇セムコープ ロジスティクスパーク(ハイズオン)
【敷地面積】約2万8,000m2(約8,500坪)
【建物構造】地上1階建
【賃貸面積】約1万3,000m2(約4,000坪)
【 着工 】2021年9月10日
【竣工予定】2022年春頃

◇Sembcorp Development Ltd.
【所在地】30 Hill Street #03-01 Singapore 179360
【代表者】Teo Ban Seng
【資本金】3億1,947万SGドル(約255億5,720万円)
【事業内容】都市開発
【従業員数】59人(2020年3月31日現在)

◇Sembcorp Infra Services Pte.Ltd.
【所在地】30 Hill Street #03-01 Singapore 179360
【代表者】Teo Ban Seng
【資本金】2,530万米ドル(約27億8,300万円)
【事業内容】物流不動産事業への投資

-物流・ハブ

Copyright© シンガポール新聞社 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.