ニュース 日系機関・企業・社会

アイカ工業、マレーシアのホットメルト接着剤製造販売企業の株式70%を取得

更新日:

化成品・建装建材のアイカ工業(名古屋市)は2021年2月24日開いた取締役会で、シンガポールの100%子会社AICA Asia Pacific Holding Pte.Ltd.を通じて マレーシアのホットメルト接着剤製造販売企業Adtek Consolidated Sdn. Bhd(アドテック社)の株式70%をPai Hsing Chou氏、Pai Hsing Hsien氏およびその他少数株主から取得する株式譲渡契約を締結することを決議し、同日現株主と契約を締結した。 取得価額は、事業価値2,800万米ドル(約29.5億円)と各種調整額で、最終取得価額は決定次第公表するとしている。

株式譲渡後の持株比率は、AICA Asia Pacific Holding Pte.Ltd.70%、Pai Hsing Chou氏15.7%、Pai Hsing Hsien氏11.4%、その他少数株主2.9%となる。Pai Hsing Chou氏は経営陣として残る。

アイカ工業グループは機能材料事業の拡大と海外展開の推進を掲げており、これまで自動車や木材・建材向けのホットメルト接着剤の製品開発および販売の拡大を日本、中国、タイ、インドネシアで図ってきた。

アドテック社は、マレーシアにホットメルト接着剤の製造工場を置き、衛生材用ホットメルト、DIY用グルースティック、産業用ペレットなどで世界約50カ国に販路を持つという。2019年12月期の売上高は1億1,200万リンギット(約29.2億円)。

アイカ工業は、既存のホットメルト接着剤事業にアドテック社を加えることで、衛生材用ホットメルト分野での事業強化を図るとともに、販路を活用することで東南アジア、アフリカ、北米、欧州地域でのホットメルト接着剤事業のプレゼンス向上を図る。

アドテック社の概要は下記の通り。

【 名称 】Adtek Consolidated Sdn. Bhd
【所在地】マレーシア・セランゴール州
【代表者】Pai Hsing Chou President / Director
【事業内容】衛生材用ホットメルト、グルースティック、産業用ホットメルトの製造・販売
【資本金】4,200万リンギット(約10.9億円)
【設立年月日】2017年9月29日
【大株主】Pai Hsing Chou氏52.5%、Pai Hsing Hsien氏38.0%

-ニュース, 日系機関・企業・社会

Copyright© シンガポール新聞社 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.