物流・ハブ

商船三井、シンガポール海峡航行のVLCCにAR技術航海情報表示システム搭載

投稿日:

商船三井は2019年4月22日、古野電気、商船三井テクノトレードと共同開発した拡張現実(Augmented Reality、AR)技術を活用した航海情報表示システムを商船三井グループの運航する大型原油タンカー(VLCC)21隻に搭載すると発表した。AR技術の活用により船橋内のディスプレイやタブレットにカメラのリアルタイム映像と各航海計器からの情報を統合して表示、乗組員の見張りや操船などを視覚的にサポートし、マラッカ・シンガポール海峡など船舶交通の多い海域でも、どの船舶に注意を払うべきか、どこに浅瀬があるか、などを一目で確認できるという。

同システムは、古野電気の最新鋭電子海図表示装置(Electric Chart Display and Information System;ECDIS)FMD3300シリーズと連携する。商船三井は自動車運搬船やVLCCに試験搭載し、AR表示画面の改良と効果検証を継続して実施してきたが、今般、古野電気が正式に製品化するにあたり、VLCC船隊に搭載することを決めた。「将来の自律航行船の実現にも寄与する技術の一つとして期待している」としている。

AR航海情報表示システム画面例

-物流・ハブ

Copyright© シンガポール新聞社 , 2023 All Rights Reserved Powered by STINGER.