シンガポール現地 ニュース

シンガポール警察部、無人航空機でジョホール・バルから麻薬輸入の男らを逮捕

更新日:

シンガポール警察部(SPF)と中央麻薬局(CNB)は6月17・18日、麻薬活動の疑いで24歳~40歳のシンガポール人の男3人と女1人を逮捕した。推定価格44,000シンガポールドル相当のヘロインなどの麻薬を押収した。6月20日発表した。

SPFは6月17日午後5時45分、クランジ貯水池公園付近で異常な様子の無人航空機が飛んでいるのを検知した。調査するために派遣されたウッドランズ警察署の警察官は、クランジ貯水池公園上空を黒いバッグが付いた状態で飛ぶ無人航空機を確認した。その後、29歳と34歳の男2人を発見して逮捕した。無人航空機と麻薬が入った黒いバッグを回収した。また、CNBの職員がクランジ貯水池公園の近くに駐車してあった男の車を捜索したところ、麻薬を発見した。

SPFは、2人の男がシンガポールから無人航空機を操作して、マレーシアから薬物を密輸入したとみている。飛行データは、無人航空機がクランジからジョホール・バルまで飛行し、その日再びクランジに戻ったことを示しているという。

翌6月18日、CNBは2人の男に関連して、麻薬使用者の24歳の女と、密売人の40歳の男を逮捕した。男の部屋を捜索したところ麻薬と現金13,230シンガポールドルが発見された。

29歳と34歳の男は6月19日に起訴された。

今回の作戦で押収した薬物は、麻薬常習者約220人の一週間分に相当するという。

調査は続いている。

-シンガポール現地, ニュース

Copyright© シンガポール新聞社 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.