ニュース 日系機関・企業・社会

シンガポール航空と全日空、戦略的包括提携契約を締結

更新日:

シンガポール航空と全日本空輸(ANA)は1月31日、戦略的包括提携契約を締結した。

既存のコードシェアを拡大するとともに、2021年冬季ダイヤからの共同事業(ジョイントベンチャー)開始に向け、航空法に基づき独占禁止法適用除外(ATI)となる協定の認可申請準備を進めていく。対象国は、日本、シンガポール、オーストラリア、インド、インドネシア、マレーシアの6カ国。

シンガポール航空は現在、ニュージーランド航空、ルフトハンザ航空グループ、スカンジナビア航空とジョイントベンチャーを実施している。マレーシア航空とのジョイントベンチャーも申請中という。

ANAは、ユナイテッド航空(アジア=北中南米)、ルフトハンザ航空グループ(日本=欧州)とのジョイントベンチャーに次いでシンガポール航空は3番目で、アジア・オセアニア域内では初めてのジョイントベンチャーとなる。

-ニュース, 日系機関・企業・社会

Copyright© シンガポール新聞社 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.