シンガポール現地 ニュース

シンガポール保健省、中国のパスポート者及び14日以内の旅行者の入国を不許可

投稿日:

シンガポール政府は2月1日23時59分以降、中国のパスポート所有者及び14日以内の中国旅行歴を持つ新規訪問者の入国(通過を含む)を許可しない。1月31日発表した。

移民局(ICA)は、PRCパスポート所有者へのすべての新規ビザ発行及び、ビザなしのトランジットについても一時停止する。既に発行させれているビザは停止され、入国を認めない。

また、過去14日以内に中国本土に最近旅行したことがある居住者(シンガポール市民/PR)及び外国人長期パス保有者(EP、学生、DP等)に、中国からの帰国日から14日間の休暇をとるよう勧告した。

シンガポール保健省(MOH)は、「中国で報告された感染者数は9,000人を超え、武漢ウイルスは中国本土のすべての地域に広がっている。(湖北省以外の)都市でも数日のうちに武漢ウイルス感染者数が急増する可能性がある。中国本土の他の地域から到着する新規旅行者からの感染拡大の可能性が増大していることを考慮して、潜在的なリスクを制限するために、この段階で追加の先制措置を講じることにした」としている。

シンガポール政府は、「影響を受ける企業や労働者を支援するためにその役割を果たす」としている。

-シンガポール現地, ニュース

Copyright© シンガポール新聞社 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.