進出・出資・撤退

グローリー、キャッシュアウトサービスのシンガポールsoCash社一部株式取得

更新日:

通貨関連機器メーカー・グローリー(兵庫県姫路市)は2019年7月19日、キャッシュアウトサービスを開発・提供するシンガポールの SOCASH PTE.LTD.(soCash社)の株式の一部を取得した。同日発表した。

soCash社のサービスは、小売店舗のレジから現金を出金するキャッシュアウトを実現し、消費者は銀行に行くことなく最寄り小売店舗で現金を入手できる。小売店舗は売上金の一部を出金することで、売上金回収の頻度を減らし、回収コストを下げることができる。既にシンガポール国内1,300以上の小売店舗と提携し、キャッシュアウトソリューションを展開しているという。

グローリーは、この仕組みを「通貨流通の新たな管理スキームの構築」の一つとして推進し、soCash 社と共に事業拡大を図ることにした。

株式取得による当期連結業績に与える影響は軽微。

◇SOCASH PTE.LTD.
【 所在地 】Unit 07-05, Oxley BizHub, Blk 67 Ubi Road 1 (S)408730
【代表者の役職・氏名】CEO Hari Palaparambil Sivan
【事業内容】キャッシュアウトサービスの開発・提供
【設立年月】2015年10月29日

【株式取得契約締結日】2019年7月10日

-進出・出資・撤退

Copyright© シンガポール新聞社 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.